資金調達の方法には銀行融資や日本政策金融公庫などからの融資がありますが、売掛債権を売却する「ファクタリング」というものもあり、即日の資金調達が可能です。

 

ファクタリングは融資ではないので銀行融資などと比べると審査は甘くなっていますが、全ての審査が通るものではなく場合によっては審査落ちしてしまうこともあり得ます。

 

そこでこちらでは、ファクタリングの審査基準がどのようなものなのかを解説していきます。また、ファクタリングの審査を通すためのポイントを、いくつかピックアップしていくので参考にしてみて下さい。

 

ファクタリングの審査基準とは?

 

まずはファクタリングの審査基準を見ていきましょう。ファクタリングは売掛債権を売却する資金調達なので、利用会社(自社)よりも売掛金先(取引先)の方が重視されます。

 

売掛金先の信用性や取引期間

 

ファクタリングにおいて一番の審査対象となるものは、「売掛金先の信用性」です。

 

一般の銀行融資などでは借入する利用会社の方が審査対象となりますが、ファクタリングの審査基準は利用会社よりも売掛金先でもある取引先企業の信用性の方が重く見られます。

 

また、利用会社と売掛金先との取引期間も審査基準になり、長年にわたって取引を続けている企業同士であると分かればファクタリング会社としても安心材料の一つとなります。

 

ファクタリングの利用会社に対する信用性

 

ではファクタリングの利用会社には全く審査対象にならないのかと言われれば、決してその様なことはなく、ある程度は企業としての信用性などは見られます。

 

特に2社間ファクタリングでは売掛金の送金を利用会社が行うことになるので、著しく経営状況が悪い場合にはファクタリング会社としても、持ち逃げや回収前の倒産などのリスクが高まるため審査も厳しくなってしまいます。

 

その他にも、利用会社に対しては他の金融機関の借入履歴や決算書類などの提出は最低限求められてしまいます。

 

利用会社の責任者に対する人間性や誠実さ

 

ファクタリングの審査は会社の財務状況や経営状況だけの信用性だけではなく、実際に利用する人の人間性や誠実さといったことも審査対象になります。

 

面談や電話対応などがあまり印象が良くなければ、ファクタリング会社によっては審査の目が厳しくなってしまいます。

 

また、審査を早く終わらせるように催促してくるような利用会社の経営者などの場合には、ファクタリング会社としては架空の売掛債権の可能性も視野に入れて審査を進める場合もあります。

 

売掛債権に対する信用性

 

架空の売掛債権の他にも「売掛債権の二重譲渡」といったものも、ファクタリング会社としては恐れている物の中にあります。

 

「売掛債権の二重譲渡」というのは、既に他のファクタリング会社に売掛債権を売却しているにも関わらず、あたかも未着手の売掛債権であることを装って売掛債権の二重取りを目的とした犯罪行為にあたります。

 

既に売却されている売掛債権を買い取ってしまうと、ファクタリング会社としては売掛金を回収することが出来ないため、大きな損害を被ってしまいます。

 

そのため、売掛債権に対する信用性の審査はファクタリング会社にとっては審査基準としては比重が重く、虚偽や二重譲渡ではない売掛債権であることを判断しています。

 

ファクタリングで審査を通すためのポイント

 

続いてファクタリングでの審査を通しやすくするためのポイントを、いくつかピックアップしてみました。

 

審査に必要な書類は全て用意しておく

 

ファクタリングの審査を通すためには、求められる審査書類を全て用意しておくということが事前準備としてはポイントになり必要な作業です。

 

審査書類として求められるものには「本人確認書類」「商業登記簿謄本」「印鑑証明書」「決算書」「売掛金先との契約書」「入金履歴が分かる通帳」といったものが挙げられます。

 

これらの必要な書類をファクタリング会社に提出を求められたならば、漏れることなく全て用意しておいて審査をすることが審査を通すための最低限度のポイントです。

 

審査基準が甘いファクタリング会社を選ぶ

 

ファクタリング会社も銀行系、ノンバンク系、独立系といったものがあり、審査のハードルでは銀行系のファクタリング会社が一番高くなっています。逆に、独立系の小口利用ができるファクタリング会社の審査は甘く、個人事業主なども利用しやすいものになっています。

 

そのためファクタリングの審査を通すためには、審査が甘いファクタリング会社を選ぶこともポイントになり、初めてファクタリングを利用する場合などでは独立系のファクタリング会社を利用する方がいいでしょう。

 

ただ、審査が甘いということはそれだけ手数料などが高くなってしまうので、バランスよくファクタリング会社を選ぶことをお勧めします。

 

身なりを整えてから面談を行う

 

ファクタリングの審査での面談の際には、身なりや服装などはある程度きちんとしておくことも審査を通しやすくするためのポイントです。

 

一般的にはスーツ姿であれば問題ありませんが、その際にも髪型や無精ひげなどを注意しておくと担当者の目にも不快に映ることなくスムーズな面談を行うことが出来ます。

 

また、あまりにも高給なスーツや腕時計などは却って印象を悪くしてしまうこともあるので、清潔感のある標準的なものを身に付けて面談に臨む方がいいでしょう。

 

売掛金の入金日までが出来るだけ早い売掛債権を売却する

 

複数の売掛債権があったとしたら、出来るだけ売掛金の入金が早いものから売却することをお勧めします。

 

ファクタリング会社としては、売掛金の回収日までが短ければ短いほどそれだけ倒産などのリスクを減らすことが出来ます。

 

審査落ちしてしまうそケースとは?

 

最後にファクタリングの審査落ちをしてしまう、その他のケースや原因などを紹介します。ファクタリングによる資金調達は利用会社には何の問題がなくても審査に落ちてしまうケースもあるので、他の資金調達の手段とは違い注意が必要です。

 

売掛債権に「債権譲渡禁止特約」が紐づけされている

 

売掛金先との契約書に「債権譲渡禁止特約」というものが紐づけられている場合には、売掛債権を売却することができません。

 

そのため、いくらファクタリングの利用会社の財政状況が潤沢であっても「債権譲渡禁止特約」が契約書に記載してある場合には審査を通すことができません。

 

仮にファクタリング会社が「債権譲渡禁止特約」を気が付かないで売掛金の譲渡金を利用会社に支払ってしまうと、売掛金を回収する事が出来なく大きな損失になってしまいます。

 

売掛金先の業種に問題がある

 

売掛金先の業種に問題がある場合でも、ファクタリングの審査を通すことができません。

 

例えば売掛金先の業種がアダルト業界や反社会的勢力に関りがある企業の場合には、ファクタリングの審査には通りません。

 

また、売掛金先が個人事業主の場合にも同じくファクタリングの審査を通すことができないので、売掛金先の業種や経営規模などにも注意が必要です。

 

ファクタリングの審査のまとめ

 

ファクタリングの審査は、ファクリングの利用会社よりも売掛金先の信用性の方が重要視されます。

 

と言うことは逆に、利用会社がいくら赤字決算であったとしてもファクリングであれば審査を通すことが出来るので、銀行融資などで資金調達が難しい場合には上手く活用すれば十分な資金を確保することができます。

 

そのため、ファクタリングを上手く活用すれば常に潤沢な資金を準備しておくことができます。